千歳烏山駅にある歯医者

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-5-11 京王線 千歳烏山駅 西口より徒歩1分

03-3308-8244
診療時間
 10:00~13:00/14:30~19:00
休診日
 木曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

当院の虫歯治療  根管治療

当院では、患者さまの不安を軽減するため、痛みの少ない虫歯治療を実践しています。
また、マイクロスコープという顕微鏡を用いながら丁寧に治療していきます。

当院の虫歯治療

痛みの少ない麻酔

当院では、麻酔を工夫することで、できるだけ痛みを感じさせない治療を行っています。まず麻酔注射の痛みを軽減するため、歯ぐきに塗るタイプとシールタイプの表面麻酔薬を塗布。注射針を刺すときのチクッとした痛みを感じにくくします。また、痛みの少ない極細の注射針と電動注射器によって、さらなる痛みの軽減を図っています。

マイクロスコープを使用(Dr.三田)

1本の歯にできる虫歯治療の回数は限られています。不適切な治療やケアにより虫歯が再発し治療を繰り返すことは歯の寿命を縮めることになります。

マイクロスコープ用いることで、虫歯の取り残しがなくなり、精密に治療することができます。マイクロスコープでの虫歯治療の大部分はダイレクトボンディング法で治療することが多いです。

 

 

 

う蝕検知液(虫歯染め出し液)で虫歯のみを丁寧に除去(Dr.三田)

虫歯を染め出しマイクロスコープで確認している状態。虫歯の部分(ピンク色)だけを除去していくために専用の小さな様々な切削器具を用いる必要があります

虫歯の除去完了。全く染まらなくなった状態。

虫歯を除去する際に必ず使用するのが、う蝕検知液です。これで染色をすると虫歯のみピンクに染ってくれます。これを使うことで健全な部分の削りすぎを防ぎ、虫歯を取り残しもなくなります。

丁寧に虫歯のみを除去しようとすると、何度も染色して除去を繰り返すので時間がかかります。顕微鏡下では虫歯の取り残しが細かくはっきりわかりますので尚更時間がかります。

「米国式根管治療」を実施(Dr.三田)

虫歯が進行して、歯の根っこの中にある神経の部屋まで進行してしまうと、神経の除去が必要になります。この治療を「根管治療」といいます。根管治療の研究・臨床が最も進んだ米国で行われている治療法は「米国式根管治療」と呼ばれ、当院のDr.三田はこの治療法を導入しています。日本では保険制度の縛りがあるため、根管治療のコンセプト、治療方法においてアジアを含めた諸外国に大きな遅れをとっております。

米国式根管治療

マイクロスコープ (歯科用顕微鏡)を使用

歯の根っこの部分は管になっており、この間は縫い針くらいの細さしか通りません。この部分に感染源が残っていないか、未処置の根管がないか、根管の破折がないか、パーフォレーション(穿孔)、フィン、イスムス等、マイクロスコープで確認しながら処置をすすめていきます。

また、根管の中に器具(ファイル)が破折して、それが原因で根が膿んでいるケースもありますが、この破折した器具を除去するときもマイクロスコープ必須になります(破折器具除去テクニック)。

症例によっては、術前に歯科用のCTを撮影させて頂く場合があります。

隔壁を作製し、ラバーダム防湿

隔壁を作製後、ラバーダム防湿。歯の周囲の白い材料は薬液が歯とゴムの隙間からもれないようにするためのものです。

根管治療は細菌との闘いです。治療中に唾液(細菌の塊)が入ってしまえば、どんなに優れた器具、器材、薬剤を使ったところで、歯の根の中に細菌を垂れ流している状態になり、治療ではなく、状態を悪化させる行為になります(一時的に良くなっても、数年で細菌が増殖再発し、繰り返しの根管治療が必要になる)。そのような事を避けるために、ゴム製のカバーを歯につけて唾液が入らない状態で処置を行います。ゴムがかけられないぐらい歯質がない場合は、必ず隔壁というものを作製します(隔壁仮蓋の厚みをしっかりとることができ治療期間中の細菌感染を防ぐまた根管洗浄の薬液をしっかり溜めることもできので、とても大事な役割があります)。

このラバーダムという手技は、海外では100年前から行われており、根管治療の専門性が確立されてる欧米では、この処置を行わなければ訴訟で必ず負けてしまう程です。

ラバーダムが苦手という方には、ラバーダムと同程度の防湿効果があるZOO等、別の防湿器具を使用していますのでご安心ください。

ニッケルチタンファイルを使用

米国専門医も使用している
ニッケルチタンファイル ボルテックスブルー

柔軟性に優れた
プロテーパーゴールド

虫歯に侵されてしまった神経を取り除く際の道具をファイルと呼びます。ファイルにもたくさんの種類がありますが、そのなかでも海外の歯内療法専門医が必ず使用するニッケルチタンファイルという器具を使用しています。歯の根っこは複雑で湾曲していることが多く、湾曲していると感染した部分を取り除くのが困難です。国内ではステンレス製ファイルが一般的ですが、虫歯に侵された部分を取り除くことが難しくなるため、当院では取り残しを防ぐ柔軟性の高い破折しにくい様々なニッケルチタンファイルを使用しています。

使用しているニッケルチタンファイル

  • ボルテックスブルー
  • プロテーパー
  • エッジエンド
  • TFアダプティブファイル
  • XP-エンドシェイパー

使用しているエンドモーター

  • トライオートZX2
  • トライオートmini
  • eighteenth motor

根管洗浄

洗浄チップの一つ
XP Endfinisher

米国ペンシルバニア大歯内療法学臨床教授のDr. Martin Trope先生考案

根管洗浄は、最先端歯内療法学では最も重要な術式の一つになります。根の中の形態は様々で、ニッケルチタンファイルだけでは完全に根の中を綺麗にすることはできません。取りきれなかった感染源を除去するために各国の臨床論文で優れている様々な根管洗浄用チップを使用しています(シリンジで薬液を流すだけでは根の先の汚れは全く除去できませんので、米国専門医も使用しているチップで根管洗浄しています)。

使用している洗浄チップ

  • XPエンドフィニッシャー
  • ProUltra Piezo Flow
  • 超音波吸引洗浄法(INPニードル)

根管充填剤にはバイオセラミックシーラー
パーフォレーションリペアにはMTAセメント 

優秀なBCSealer

根管充填には生体親和性 封鎖性が非常に高い バイオセラミックシーラーを使用したシングルコーンテクニック。根尖が破壊されている場合はMTA根充。

パーフォレーションリペアにはMTAセメントのみを使用しています。

Dr.Terauchi Yoshiに師事 

寺内吉継先生

根管治療の専門医、寺内吉継先生のセミナーで何度も勉強させて頂きました。寺内先生は世界を股にかけて各国の大学等でご講演、セミナーをされています。世界の著名な根管治療専門医、大学教授と交流があり、常にEvidence basedの最前線に立ってらっしゃいます。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

新着情報

お知らせ
スタッフ募集中です。お気軽にお問合せください。
 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です
ご連絡お待ちしております

03-3308-8244

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
休診日:木曜・日曜・祝日

アクセス

03-3308-8244

〒157-0062
京都世田谷区南烏山6-5-11

京王線 千歳烏山駅
西口より徒歩1分