千歳烏山駅にある歯医者

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-5-11 京王線 千歳烏山駅 西口より徒歩1分

03-3308-8244
診療時間
 10:00~13:00/14:30~19:00
休診日
 木曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

     ダイレクトボンディング法(Direct composite Bonding)
                                            Dr.三田

ダイレクトボンディング法は、虫歯の部分だけを削って、数種類のコンポジットレジンを詰めていく治療法です。直接法とも言います。それに対して、治療初回に歯型を取って、二回目で歯科技工士が作製してきたものを調整してセットする方法を間接法といいます(セラミックスインレー、メタルインレーなど)。私は、間接法は健康な歯の切削量がどうしても多くなるため(金属やセラミックスの詰め物が外れないように様々な形態を付与しなければならない)、やむを得ない場合を除き、行っていません。

  • ダイレクトボンディング法の利点
  1. 間接法よりも圧倒的に歯を削る量が少ない。歯を削る量が少ないということはとても大事なことです。現在は人生90年と言われていますが、虫歯になってしまっても一回の治療で健全な歯をどれだけ残せるかが大切だと思っております。削れば削るほど歯の耐久性は低下し、その歯の治療できる回数も減り、結果抜歯に繋がりやすくなります(以前は、レジンで対応できる虫歯も大きな金属にしてしまうことが多かったのです)。メタル修復でも優秀な歯科技工士が作製した真に適合の良い精巧な詰め物、かぶせ物であれば話はまた別です(しかし、数をこなさなければならない保険技工ではなかなか精巧なものは難しいところです)。
  2. 審美的です。数種類のレジンを組み合わせますので、ある程度歯の色に合わせて詰めることができます。銀歯が気になるという方もお勧めです。
  3. 来院回数が間接法より少ない。虫歯を削った部分は即日で詰め物をします。例外は歯髄保護でMTAセメントを使用した場合等です。
  4. 修理が簡単。例えば、最後方臼歯(一番奥の歯)は、噛む力が最もかかる歯なので、詰めたあとに欠けてしまうことがありますが、修理をすることができます(術前にお伝えしますが、歯が薄く、詰めるスペースがあまりない場合、極度の歯ぎしりや咬合力がとても強い方、残っている歯の厚みがない場合は間接法によるセラミックアンレー修復、メタルアンレー修復をお勧めすることがあります)
  • 欠点
  1. 保険・自費問わず基本的なことを忠実に守って丁寧に治療をしていますので治療時間は長くなってしまうことがあります。
  2. マイクロスコープの応用で多くのケースで精密につめることができるようになりましたが、咬合接触が全くない歯(例えば、大きく金属でかぶせてある歯、等)は不可です。治療前に必ず適応かどうかご説明させて頂いています。
  3. 数年すると着色してくることがあります。その際、再研磨させて頂くことがあります。

 

 

治療時の簡単な術前→術中→術後になります。参考にしてください。

左上の奥歯の噛む面の小さな虫歯の処置

上の歯の間の虫歯の処置

上の小臼歯の金属の詰め物下の虫歯の処置

詰めものがとれた部分の虫歯の処置(神経の処置もしてあった歯)

上奥歯の歯の間の虫歯の処置

上の歯の間の虫歯処置

下一番奥歯の金属下の虫歯の処置

下奥歯のセラミックスインレー破折下の虫歯の処置

新着情報

お知らせ
・4月8日 (月) 午前中は休診させて頂きます。大変ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願い致します。

・ゴールデンウィーク中の診療案内のお知らせ。
4月30日(火)、5月2日(木)は通常通り診療致します。よろしくお願い致します。
 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3308-8244

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
休診日:木曜・日曜・祝日

アクセス

03-3308-8244

〒157-0062
京都世田谷区南烏山6-5-11

京王線 千歳烏山駅
西口より徒歩1分