千歳烏山駅にある歯医者

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-5-11 京王線 千歳烏山駅 西口より徒歩1分

03-3308-8244
診療時間
 10:00~13:00/14:30~19:00
休診日
 木曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

難症例の治療 (Dr.三田)

健全歯が髄床底破折を起こした症例

通常のレントゲンでは金属の詰め物が入ってるぐらいで特に大きな虫歯も確認できませんでした。

右上奥歯が激しい痛みがあるということで来院されました。他院にてレントゲンを撮影するも特に問題ないから様子みましょうとのこと。

様々な診査をしたところ症状がかなり強いのでメタルインレー下に問題がないか確認で除去することにしました。

 

金属を除去し表面を少し洗浄して染色すると・・・歯に深くヒビ(赤い染色液のライン)が入っていることががわかりました。論文でも報告されていますが、歯は残念ながら加齢により特に50代頃から象牙質が硬くなり(しならなくなる、もろくなる)歯が破折しやすくなるという報告があります。

さて、問題はこのヒビがどこまで深く入っているのか。それによって保存の可否が決まります。

神経を除去していない歯は、経験的には神経がある部屋(歯髄腔)付近で止まっていることがほとんどで、この場合は歯を保存できます。しかし
 

しかし、髄床底破折や歯根破折になると予後不良になってしまうことがほとんどになります。念のためにCTを撮影することにしました。

残念な事にヒビは髄床底まで入っていましたが、その周囲の骨はまだなんとか残っているので早期にそのヒビを除去してその部分を接着剤で固定して、それから根管治療を行うことにしました。

CTとヒビを頼りに慎重に切削していきました。この後ヒビをひろげて接着剤が入る隙間つくります。

接着後に根管治療を行いました。右側の写真はINPニードルに超音波装置を付けて根管洗浄を行っています。最近、INPニードルの考案者である医歯大の専門医の吉岡先生にもこの使用方法を報告することができました。

根管数は4根管 MB2もありました。しばらく仮歯で様子をみていましたが、症状がありませんでしたので、クラウン(ハセツしている場合は必ずクラウンになります)を装着して終了となりましたが、再度症状がでる可能性も十分あり注意して経過観察していきます。

新着情報

お知らせ
2022.5.27(土曜)は午前中は休診致します。午後は通常通り14時30分から診療を行います。ご迷惑をおかけします。よろしくお願いします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です
ご連絡お待ちしております

03-3308-8244

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前:10:00~13:00
午後:14:30~19:00
休診日:木曜・日曜・祝日

アクセス

03-3308-8244

〒157-0062
京都世田谷区南烏山6-5-11

京王線 千歳烏山駅
西口より徒歩1分